20代前半だと、結婚といってもまだまだ先だなという感想も多いですが、20代後半から30代になり周囲の女友達などの結婚、出産ラッシュなどが続くと、急に結婚に焦る女性も多いもの。

後になって慌てないためにも、結婚したい女子は早めに取り組みたいですね。今回は20代で婚活を始めるメリットを紹介します。

1.若さを武器に婚活できる

なかには、年上好きの男性もいますが、20代~30代前半男性の多くは、結婚相手として20代の女性を探しているもの。同世代とカップルになりたい女性の場合、婚活を始める時期は早いほうがよいでしょう。

逆に、30代になってから婚活を始めた女性は、20代女性が恋のライバルとなります。そのような戦いでは、若さで負ける部分を補う何かが必要になります。

2.気持ちに余裕を持てる

婚活を始めたからといって、すぐに結婚相手が見つかるとは限りません。交際に発展するような男性があらわれたとして、結婚までに至らない場合もあるでしょうし。結婚までにかかる期間は、ある程度長期戦を覚悟したほうがよいでしょう。

出産や育児のことを考えると、30代前半で結婚したいと考える女子も多いもの。その点、年齢が20代であれば、多少焦る気持ちはあったとしても、まだまだ気持ちに余裕が持てます。何事もあせりは禁物ですね。

3.年齢制限に引っかからない

結婚相談所や婚活サイトでのプロフィール検索で年齢は条件として重視されます。29歳と30歳で1歳しか違わないのに、対象外となってしまう場合はショックでキーですね。

また、婚活パーティーや、街コンなどの出会いの場でも20代限定などで年齢制限がある場合でも、足きりの対象にならないことは20代で婚活を始めるメリットの1つです。

4.恋愛経験をつめる

恋愛経験が少ない女性の場合、本当にこの人と結婚してよいのか不安になることも多いもの。男性との会話やデート、交際など経験を積むことで、異性との付き合い方を学ぶことができます。

20代の柔軟性のあるうちに、多様な経験をしておくことでイレギュラーへの対応力を身につけられるのは仕事も恋も同じですね。

5.体力がある

婚活に取り組む上で、意外と大切なのが体力です。仕事とプライベートの合間を縫って、婚活イベントへの参加や、初対面の男性とのやりとりが増えるなど、なかなか体力をつかう婚活だからこそ、若くて体力のある20代のほうが有利という考え方もできます。

結婚相手を探すのは、精神的につらい、婚活疲れというような言葉もありますが、30代40代になるとさらに重くのしかかります。